Pcik up特集

北海道グレートサンタラン

北海道グレートサンタラン

病気と闘う子どもに笑顔を届けるクリスマスのチャリティイベント。

北海道グレートサンタランは、毎年12月にサンタクロースの格好をして札幌の街を歩く チャリティイベント「札幌サンタファン」を開催しているコミュニティ。

イベントで集められた参加費でプレゼントを購入し、病室でクリスマスを過ごす子どもたちに届けています。


[DATA]
・イベント開催頻度/年1回
・イベント参加人数/昨年度は300人
・運営スタッフ/柴本さんの声掛けに賛同した友人や知人などボランティアスタッフ15名

サンタランとは、イギリスのエディンバラをはじめ、アメリカやオーストラリアで行われている世界的なチャリティイベントで、日本でも大阪や愛媛、沖縄といった全国5道府県で毎年開催されています。

私がサンタランを知ったのは3年前。大阪の街をサンタクロースの衣装を着て走る動画を見て、その光景とチャリティとしてのストーリーの美しさに惹かれ、雪国の北海道ならもっとサンタクロースが似合うのではないかと友人や知人に声をかけて札幌でのサンタランを企画しました。

サンタランの活動は、規模が大きくなるほど、より多くの子どもたちにプレゼントを贈れる仕組みですが、私たちが大切にしているのは病室の子どもたちや家族を一番に考え、活動の目的をしっかり意識してブレないよう続けていくこと。初年度に入院中の子どもたちがどんな反応をしてくれるのか不安で、恐る恐るプレゼントを持っていったところ、明るい笑顔と歓声で私たちサンタを迎え入れてくれたことが忘れられず、今も大きな原動力になっています。さらに子どもたちを見守るお母さん、お父さんに喜んでいただけたことも活動の励みになっています。

今年で4回目を迎える「札幌サンタファン」は500人の参加を目指し、現在スタッフ全員で準備に励んでいます。このイベントの主役は参加してくれる皆さまです。雪の白とサンタの赤で北海道の街を埋め尽くしましょう!

 

「札幌サンタファン」は、昨年からコースを変え、札幌市役所を出発し、大通公園や駅前通りを歩き、ゴールの北海道庁を目指します。

 

「札幌サンタファン」は参加費の約80%が病室でクリスマスを過ごす子どもたちへの贈り物に。小樽市の輸入玩具店「キンダーリープ」さんのオモチャを札幌市内約10カ所の小児病棟に届けています。

コミュニティ裏バナシ

  • 広報を担当する川村彰さんは「初年度から200人が集まってくれて、2年目に500人の参加を目指したのですが、250人しか集まらなくて」と回顧。「そこで3年目の去年からチラシを作り、参加する皆さんにも楽しんでもらえるよう市内の飲食店などに協力してもらってサンタの格好で行くとサービスが受けられる取り組みも始めました」と語る。

  • 北海道グレートサンタランの目下の目標は「今後も続けられる活動にすること」と代表の柴本岳志さん。実行委員は全員ボランティアで、日頃忙しく働いている上、転勤で札幌を離れる人も少なくない。「スタッフが変わってもスタンスを変えず、この先も安定して活動できるよう新たに企業献金や寄付団体を募る動きも今年から始めています」。

コミュニティリーダー

柴本 岳志さん

これからの活動予定

『北海道グレートサンタファン2016in札幌』

□時  間/10:00〜(ゴール予定時刻13:30ごろ)※荒天決行
□開催場所/札幌市内中心部
□参 加 費/大人3,000円(衣装代込)、学生2,000円(衣装代込)中学生以下1,000円(サンタ帽子付)
※衣装持ち込みの場合は500円引
□当日受付/10:00より札幌市役所1階ロビーにて受付
□問い合わせ先/011-769-0843(NPO法人札幌チャレンジド) hokkaidogreatsantarun@gmail.com
※寄付(一口1,000円)のみの参加も受け付けています

参加応援その他の活動予定はこちら!

コミュニティ情報へ
運営会社 : 株式会社リージョナルマーケティング
〒002-8003 北海道札幌市北区太平3条1丁目2-18

お問い合わせ